« くろねこ解散します | トップページ

2012年7月27日 (金)

今年のお伊勢参り

今年も行ってまいりました、夏のお伊勢参り! 今年は電車&バスで伊勢に行きました。いつもは車でマイペースだったのですが、今年は時間との戦いっていうか、ペース配分が難しくて「とりあえず駅からバスで内宮へ直行、おかげ横丁で食事して帰りのバスの時間を確認して、時間があったら他へ行こう」と決めていたのですが、時間を多く見積もっていたため2時間近くぼーっと座って時間を潰すことになってしまいました(^^;
暦の上では大暑だというのに、今にも雨の降りそうな曇天。毎年のように大汗かくこともなく快適な日程でした。まずは、朝9時25分発の近鉄特急で名古屋から宇治山田へ。そこからバスで内宮前へ。11時には着いてしまいました。そこからゆっくり歩いてお参りして、ご朱印いただいたらちょうどお昼。混雑する前に参道側の食堂へ入っててこね寿司をいただいたらお腹いっぱいになってしまったのと、あまり暑くない天候のせいで「赤福氷はいらないね~」となってしまいました。毎年のお楽しみなのに……実は、前日から黒ヒョウさんが体調が思わしくなく、特急の予約してしまったから頑張って出掛けてきたような状態だったので、無理はできませんでした。それでも未練がましく、おかげ横丁まで歩いて、ベンチで一休み。帰りの特急は15時13分発なので、まだ3時間近く余裕が(^^; こんなことなら、帰りは予約せずに帰りたいときに切符買うようにすればよかった。来年からはそうしよう。
で、実はりちゃが占いの先生に教えてもらったお伊勢参りコースは、「伊勢市駅→月夜見宮→外宮→猿田彦神社→内宮→月読宮→宇治山田駅」(※猿田彦神社は皇大神宮の系列ではありません)なので、順番は滅茶苦茶だけど内宮から近い猿田彦神社に行くことに。猿田彦命の奥さんの佐瑠女(さるめ)は、実は天照大神命を引っ張り出すために天岩戸の前で踊ったアメノウズメ命のことで、猿田彦神社の境内にある佐瑠女神社は芸術やシャーマニズムな仕事にご利益があるので、占い師を目指すならぜひお参りしなさいと言われていたのです。黒ヒョウさんは「音訳も声を聴いてもらうボランティアだから、ご利益があるといいね」と言ってくれました♪ しばらく涼しい境内でぼーっと座っていたら若いカップルにカメラのシャッター押してと頼まれ、渡されたのがアイフォーンでびっくりしたりしていたのですが(笑)、まだまだ時間があるので、ちょうどタクシーが止まったので外宮へ行ってもらうことに。黒ヒョウさんが「先に内宮をお参りしたんだけど、正式には外宮からお参りしなきゃいけないんですよね?」と言ったら、気さくな運ちゃん「いやいや、そんなもん広告でそう言ってるだけで、お参りしてもらうのに順番なんて関係ありまへん」と言ってくれました。その後も、地元の名士・養殖真珠で財をなしたミキモト氏がこの内宮と外宮を繋ぐ道路を造ったんでっせとか、色々地元ならではのお話を聞かせてくれました……いちいちこちらを振り返って話すので、内心「前見て運転してくれ~(;;;´Д`)」でした。観光客相手だとおしゃべりになる人が多いのかな?
さて、内宮より人の少ない外宮ですが、式年遷宮記念館ができて、広い休憩所がありました。先にお参りを済ませて、ここでまたゆっくり休もうということで、拝殿へ。地元のボランティアの人がガイドをされていて、ちらっと小耳にはさんだのですが、式年遷宮は持統天皇が『20年に1回、正殿を建て直してご神体を移す』と決めたそうなのですが、「その理由は判りません」だって! なんか、感心しちゃったよ。理由も判らずに1,300年も律儀に続けてるんだ。なんか知らんが、日本人すげー(*´Д`*)

なんか、長くなってしまったので、今回はここまで。もっと長くなりそうな後編は近日UPします(○゜ε゜○)ノ~~

« くろねこ解散します | トップページ

めおとでおでかけ」カテゴリの記事